Advertisements

ザ・クラッシュおすすめのギター曲を紹介!

ザ・クラッシュ

「The Clash(ザ・クラッシュ)」は、1976年にイギリスで結成されたパンクロックバンドで、1970年代後半から1980年代初頭の音楽シーンにおいて、その政治的な歌詞と音楽的な実験性で一世を風靡しました。

クラッシュの音楽は、ただのパンクロックに留まらず、レゲエ、ファンク、ジャズ、そしてロックンロールなどの要素を取り入れ、楽曲ごとに様々なスタイルを探求していました。

今回はクラッシュ曲の中で、ギターで弾きたいおすすめの曲を紹介します。

ザ・クラッシュおすすめの曲

White Riot

クラッシュのデビューシングルで、1977年にリリース。
『White Riot』は社会的な不満と市民蜂起のメッセージを含む歌詞は、特に労働者階級の白人青年を対象に、自身の生活状況に反抗するよう呼びかけています。

London Calling

1979年にリリースされた同名アルバムのタイトル曲です。曲のタイトルはBBCの第二次世界大戦中の海外向け放送の開始フレーズから取られており、核戦争、環境破壊、社会的混乱など、70年代末の不安と絶望を象徴する楽曲となっています。

Should I Stay or Should I Go

アルバム “Combat Rock" に収録されていましたが、後の1991年に英国でシングルとして再リリース。CMで曲が使われたことにより、再リリース後に英国のシングルチャートで1位を獲得しました。この成功は、既に解散していたクラッシュの音楽が新世代のリスナーに再評価されるきっかけとなりました。

I Fought the Law

元々はアメリカのバンド、The Cricketsが作った曲ですが、クラッシュがカバーして広く知られるようになりました。エネルギッシュで反体制的なメッセージは、パンクの精神を体現しています。

Advertisements