Advertisements

【ギターで弾きたい】ラモーンズおすすめの名曲を紹介!

ラモーンズ

ラモーンズ(The Ramones)は、1974年にニューヨークで結成されたアメリカのパンクロックバンド。ラモーンズの音楽はパンクロックムーヴメント、特に1970年代後半のイギリスのパンクシーンに大きな影響を与え、セックス・ピストルズやクラッシュなどのバンドに影響を与える。

The Ramones "Ramones" Album Cover

オリジナルメンバーはジョーイ・ラモーン(ボーカル)、ジョニー・ラモーン(ギター)、ディーディー・ラモーン(ベース)、そしてトミー・ラモーン(ドラム)、全員が「ラモーン」を名乗っていましたが血縁関係はないです。

ギターで弾きたいラモーンズの曲

ラモーンズは、シンプルなコードとキャッチーなメロディが特徴的なバンドです。ここでは、ギターで弾きたいおすすめの曲をピックアップしてご紹介します。

Blitzkrieg Bop

ラモーンズのデビューシングルであり、パンクロックのアンセムとも言える曲。"Hey! Ho! Let’s go!" のフレーズは世界的に知られています。

Do You Remember Rock 'n’ Roll Radio?

5thアルバム『End of the Century』に収録。数あるラモーンズの曲の中で最もポップでキャッチーなナンバー。プロデューサーは彼の有名なフィル・スペクター。

Sheena Is A Punk Rocker

邦題「シーナはパンクロッカー」で日本でも人気の曲。今回紹介する曲のなかではBlitzkrieg Bopと並んで、最もラモーンズらしい曲。

Chinese Rock

ジョニー・サンダーズの『Chinese Rock』が有名ですが、ベースのディーディー・ラモーンとリチャード・ヘルの共作で、元はラモーンズ用に作られた曲。しかし、曲がラモーンズに合っていないとの事で一度見送られる。

Beat On The Beat

デビューアルバム『ラモーンズの激情』に収録。

The KKK Took My Baby Away

ボーカルのジョーイ・ラモーンが、ギターのジョニー・ラモーンに彼女を取られたことを歌った曲。

I Wanna Be Sedated

4枚目のアルバム『Road To Ruin』より、ラモーンズを代表する曲『I Wanna Be Sedated』

Advertisements