AtCoder ABC 204 B – Nuts Python解説

スポンサーリンク

Nuts

N 本の木があり、 i 番目の木には Ai個の木の実が実っています。
シマリスは、次のルールで全ての木から木の実を収穫します。
実っている木の実が 10 個以下の木からは木の実を収穫しない
実っている木の実が 10 個より多い木からは、10 個を残して残りの全てを収穫する
シマリスが収穫する木の実の個数の合計を求めてください。

AtCoder Beginner Contest 「Nuts」

問題文の通り、素直に解いていきましょう。入力から木の実の数を受け取ったら、木の実の数で場合分けをします。木の実が10個以下なら処理をせず、反対に、10個より多ければ木の実を10個残して収穫します。

n = int(input())
a = list(map(int, input().split()))

cnt = 0

for i in range(n):
    if a[i] > 10:
        cnt += a[i] - 10
        
print(cnt)
    

木の実が10個より多ければ10個を残して収穫とのことなので、10個より多いときはa[i] – 10と計算すれば収穫する木の実の数を求めることができます。それらをcntに足し合わせていき答えを出力します。