AtCoder ABC 203 B – AtCoder Condominium Python解説

2022年1月4日

スポンサーリンク

AtCoder Condominium

AtCoder マンションは 1 階から N 階までの N 階建てのマンションです。
各階には K 室の部屋があり、1 号室から K 号室まで番号が振られています。
ここで N,K は 1 桁の整数であり、 i 階の j 号室の部屋番号は i0j で表されます。
例えば、1 階の 2 号室の部屋番号は 102 です。
マンションの管理人である高橋君は各部屋番号を 3 桁の整数とみなし、AtCoder マンションに存在するすべての部屋について足しあわせたらいくつになるのか興味を持ちました。その値を求めてください。

AtCoder Beginner Contest 「AtCoder Condominium」

すべての部屋番号を足し合わせたらいくつになるのか?という事で、実際に計算していくのですが、各部屋番号 i階の j号室の部屋番号 i0jは(100 * i + j)とすると、計算がしやすくなります。

あとは、for文の2重ループで足し合わせていきます。

n, k = map(int, input().split())

result = 0

for i in range(1, n+1):
    for j in range(1, k+1):
        result += 100 * i + j
        
print(result)

各部屋番号を足し合わせていくresultを用意し、for文の2重ループを使って計算していきます。
範囲は1階からN階までなのでrange(1, n+1)とし(K号室も同様)、部屋番号は100 * i + jをresultに足し合わせていけば大丈夫です。

AtCoderB問題

Posted by cheese