paiza 論理演算メニュー 否定( NOT )の基本 Python解説

スポンサーリンク

否定( NOT )の基本

0 または 1 の整数 A が与えられます。 NOT A の結果を出力してください。
ここで、 NOT 演算とは、以下の表にしたがって算出する論理演算のことを指します。

入力 出力
0 1
1 0

paiza「否定( NOT )の基本」

NOT演算子は入力した値を反転します。入力した値がTrue(真)ならFalse(偽)を返し、入力した値がFalse(偽)ならTrue(真)を返す演算子です。

問題文のように、NOT演算子の結果を数値で得たい場合はintを使います。

a = int(input())

print(int(not a))

int(not a)とすることで、NOT演算子の結果は0, 1で与えられます。

intを使わない場合はTrue, FalseでNOT演算子の結果を得ることができます。

a = int(input())

print(not a)

上記のコードのように書くと、NOT演算子の結果はTrue, Falseで与えられます。