AtCoder ABC 155 B – Papers, Please Python解説

スポンサーリンク

Papers, Please

あなたは AtCoder 王国の入国審査官です。入国者の書類にはいくつかの整数が書かれており、あなたの仕事はこれらが条件を満たすか判定することです。
規約では、次の条件を満たすとき、またその時に限り、入国を承認することになっています。書類に書かれている整数のうち、偶数であるものは全て、3 または 5 で割り切れる。
上の規約に従うとき、書類に N 個の整数 A1​,A2​,…,AN が書かれた入国者を承認するならば APPROVED を、しないならば DENIED を出力してください。

AtCoder Beginner Contest 「Papers, Please」

今回の問題は、書類に書かれている整数が偶数の場合、3か5で割り切れるかを確かめる問題です。整数が偶数のうち、ひとつでも条件を満たさないものがあればDENIED、すべて条件を満たせばAPPROVEDを出力します。

n = int(input())
a = list(map(int, input().split()))

for i in a:
    if i % 2 == 0:
        if i % 3 != 0 and i % 5 != 0:
            print("DENIED")
            break
else:
    print("APPROVED")

書類に書かれている整数を受け取ったら、for文で今回の問題の条件を満たしているか確認していきます。
整数が偶数の場合、次の条件式で3と5、両方共に割り切れなければDENIEDを出力し、最後までDENIEDにならなければAPPROVEDを出力して完了です。

AtCoderB問題

Posted by cheese