AtCoder ABC 100 B – Ringo’s Favorite Numbers Python解説

スポンサーリンク

Ringo’s Favorite Numbers

今日は, 記念すべき AtCoder Beginner Contest 100 が開催される. そのため, 高橋君はりんごさんに, ある整数をプレゼントしようと思った.

今日のコンテストは「AtCoder Beginner Contest 100」なので, りんごさんは 100 で ちょうどD 回割りきれる正の整数をプレゼントされると喜ぶ.

さて, りんごさんがプレゼントされると喜ぶような整数のうち N 番目に小さいものを求めなさい.

AtCoder Beginner Contest 「Ringo’s Favorite Numbers」

与えられるNの範囲が1以上100以下の整数という制約を見て嫌な予感がした。結論から言うと、Nが100のときには問題にある100で割り切れる数になるので、次の整数101を使うことになる。

d, n = map(int, input().split())

if n == 100:
    print(101 * (100 ** d))
else:
    print(n * (100 ** d))

というわけで、Nの値で条件文を使い、Nが100のときには100で割り切れない101を使い、Nが100でなければNがそのまま使えるので、それぞれ100のD乗を掛けて完了です。

AtCoderB問題

Posted by cheese