動画キャプチャーソフトでおすすめ「Bandicam」の使い方|無料版と有料版の違いも説明します

今回は、動画キャプチャーソフトの「Bandicam」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

動画キャプチャーソフト

動画キャプチャーソフトとは、ゲームやWeb動画などブラウザ上の映像を、静止画や動画としてパソコンに取り込んでくれるソフトのことです。

動画キャプチャーソフトの中でも、おすすめは「Bandicam(バンディカム)」です。

Bandicam(バンディカム)

Bandicamは動作が軽いため、パソコンのスペックが低くても使えるのがひとつの特長です。

使い方も簡単で、手軽にパソコン画面を録画することができるので、YouTubeに動画をアップロードしてみたい人にもおすすめの動画キャプチャーソフトになっています。

Bandicam無料版をダウンロード

Bandicamには、無料版と有料版の2種類があります。無料版は一部機能の制限がありますが、まず無料版を試してみて、気に入ったら有料の製品版の購入を検討すれば十分です。

https://www.bandicam.jp/

Bandicamの公式サイトに行くと、中央にBandicamのダウンロード(無料)があるので、そこから無料版を手に入れることができます。

Bandicamの使い方

無料版を手に入れたら、早速アプリケーションを開いてみましょう。

Bandicamのメニューから「指定した領域」を選び、撮影する範囲を調整します。範囲で選択された部分だけが撮影されます。

範囲を選択し終わったら、「REC」をクリックすることで撮影が開始されます。

動画を撮り終わったら「停止」で撮影終了です。
動画ファイルは自動でPC内に保存されます。

YouTubeに上げる際も、そのまま上げられるので便利です。

Bandicam無料版と有料版の違い

最後にBandicamの無料版と有料版の違いを説明します。

違いとしては、Bandicamの宣伝ロゴと撮影時間の違いが挙げられます。

Bandicamの宣伝ロゴ

無料版の場合、画面の上に「Bandicam」と書かれたロゴが動画に入ります。
有料版ではもちろんロゴは入りません。

Bandicam無料版の撮影時間

無料版の撮影時間は10分までと制限されています。
短い動画を撮るだけなら構いませんが、ゲーム動画を撮ってYouTubeにアップロードしたいとなると、10分では時間が足りないです。

以上が、Bandicamの使い方と無料版、有料版の違いです。
とりあえず無料版を使ってみて、気に入ったら有料版に変えるのがいいと思います。