子どもに見せたくないYouTube動画を視聴制限する方法

スポンサーリンク

子どもには見せたくない動画を制限する

YouTube動画には、教育チャンネルから面白い動画まで幅広いジャンルがアップされています。

ただ、その中には子どもには見せたくない、性的・暴力的な表現が含まれている成人向け動画もありますよね。

そういった場合に使いたい「制限付きモード」がYouTubeにはあるので、閲覧環境を整えましょう。

YouTubeの年齢制限コンテンツ

YouTubeには視聴者にふさわしくないコンテンツに対して年齢制限が設けられています。

  • 下品な表現
  • 暴力的でショッキングな表現
  • 性的なコンテンツ
  • 有害な活動や危険な行為

このようなコンテンツはYouTubeにログインしていないユーザー、18歳未満のユーザー、制限付きモードを有効にしているユーザーには表示されません。

制限付きモードを有効にする

制限付きモードの設定するには、まずYouTubeにアクセスして
プロフィールアイコンから「制限付きモード」をクリックします。

ここをクリックすることで、制限付きモードのオンとオフを切り替えることができます。

制限付きモードを有効にすれば完了です。
これで子どもの視聴にふさわしくないコンテンツを制限することができます。

YouTube

Posted by cheese